アンデリック

ちょっと ものぐさな ねずみの はなし

【ものぐさ実験室】主婦の公休1週目考察

f:id:anderick:20200515070917j:plain

夫作のアボカドクリームパスタ

こんにちは、ものぐさねずみのアンデリックです。

 

以前書いた実験、「家事業務に公休を設ける」1週目が終わりました。

ブログに書き忘れていたので今あげます。長いです。

 

結果、全っ然ダメ!!!

えー!?という感じです。

こんな簡単そうな事がスムーズに行かなかったなんて。

あーびっくりした。家事担当者とそれ以外でこんなに認識違いがあるなんて。

 

まず、決めてすぐ夫に伝えました。

金土は公休にするから家事しないよと。

私がなんかやってみるのはいつもの事なので

「あーまたアンデリックが何か実験始めたな。」

くらいで、夫は特に反対もせず「わかった」とのことでした。

こういう柔軟性がありがたいです。

私も「やってダメならやめる、元に戻す」というのをいつも実験では心がけています。

家族に迷惑かけては意味がありません。

 

とにかく、そのように始まったのですが、木曜日に

明日ごはんどうするか私が考えた提案も含めて聞いてみました。

  • 買ってくる
  • 出前取る(コロナ禍でなければ外食だったでしょう)
  • 夫がやる

 

私の希望は①か②でした。しかし、

夫の野郎(ここではあえて、はっきり野郎と申し上げます!)の答えはこうでした。

「うーん…」

結局決めなかったのです。

夫は元々何かの予定を立てるという事をすごくめんどくさがるからか

「場面で決めっか!」みたいなチャラい考えのまま答えを出しませんでした。

こうなったら仕方ないので、明日また聞こうと思いました。

これがまず失敗の原因の一つでした。

 

めんどくさくなってきたので時系列で箇条書きで流れを書きます

・翌日昼にメールでまた夫に尋ねる。

・返事なし

・15時くらいに、「私は買うことにするが夫の分も買っておくか?」とメールで尋ねる

・返事なし

・16時頃「私の分だけ買いに行くねー」と報告

→自動的に夫も買うかなんかになるはず

・17時頃そもそも食べてくる可能性もゼロではないので一緒に食べるのか聞く。

・「先に食べてて」と返信

・19時頃、私は買ってきたものを食べようかと立ち上がると夫帰宅。

・夫曰く「パスタあったよね?」

・妻曰く「あった」

妻まろやかに柔らかに曰く「キッチン使うのは良いけど洗い物までしてね」

・夫曰くwith満面の笑み「すぐ作るから待っててね(^^)

 

え?!え?!メール見てないの?見てるから「先に食べて」って返信してきましたよね。

なにこれ怖い。

でもやる気でニコニコしているので、買ってきたものは明日に回してありがたくいただくかと思いお礼を伝えました。

そして念を押して

「今日は主婦は公休やから洗い物までして下さいませ」と伝えて待ち、

できあがった夫パスタをおいしくいただきました。

洗い物もしてくれました。

翌朝、洗っただけで拭いてない渇き切ってない食器がシンク横に…

「拭いて乾かしてしまうまでが洗い物」ですよ!

と言いたいが、夫は仕事に出たので私がすることに。

結局家事ゼロは難しい。

 

しかし、今日も公休です。

朝から家事少々したのはまぁ良い。

昨日の反省を生かして、まずは今日どうするかを決めました。

昨日は夕食どうするかにヤキモキしましたが、それ自体がそもそもめんどくさい。

「今日は勝手にそれぞれ好きなモノを食べる」としてはどうだろう?

もう返信遅い相手の事待つのもめんどくさい。

私は、実験としてそうしてみようと伝えました。

 

結果、なぜか夜また夫が夜パスタを作ってくれありがたく食しました。

f:id:anderick:20200515071324j:plain

夫作:一昨日私が作ったスパイスカレーのアレンジ

どうしてこうなったかもう自分でもちょっと良く解らない感じです。

結果、今日は洗い物はなぜか皿2枚だけ残してやってくれました。

なぜ2枚…

結婚当初は皿だけ洗ってフライパンなどを洗わない人でしたが、それは何度か話して料理が完成と同時に調理器具はほぼ洗うという主婦のような手際の良さに成長なさりました。

もちろん今日も残り2枚と拭いて乾かしてなおすは私がやりました。

 

今週は思っていた公休とは違った感じになりました。

夫は優しく親切なのでついついやってあげようと思うのですね。

※普段は全く家事をしないししたくない人です。

料理だけは好きなようですが、夫の献立は圧倒的野菜とタンパク質不足なんですが、まぁ週に2日くらいそんな日があっても全然平気。

作ってくれるなんてありがたい。

実際夫が料理している間ソファでKindleで本読みながらゴロゴロなんて、ものすごい贅沢間がありました。

ちょっと王様気分。

問題は、家事ゼロには届かなかった事と食事をどうするのかヤキモキした事です。

もう考えるのもめんどくさいから公休ほしかったのに結局考えてしまってますね。

私の性格もあると思いますが、今回失敗だと私が強く感じた原因は

「家事の主担当者は、用意する義務がなくとも家族の食事がどうなるか決まっていないと心から休めない」点だと思います。

休みの日なのに、業務を他に任せたりできず職場に連絡して結局指示だしたり質問に答えたり仕事しちゃう「社畜根性」がナチュラルに染みついている事に気づきました。

また、家事主担当者とそれ以外での認識違いとしてそこが説明不足でした。

結局、どうなるか決まってないと心休まらない。

家事は、家族など相手によって当日でも予定が激変するところがめんどくさい要因の一つだなと感じました。

特に我が家の夫はちょっと変わった人でして、私の気持ち的には

要求は少ないけど、決断が締め切りギリギリだったり、報連相が取れないちょっと困ったクライアントを抱えている営業の気分に近いです。

昔居たなぁ。こんなクライアント。

メールちゃんと読んでくれない、ギリギリまで決めないから枠なくなっちゃうとかヤキモキしてたなぁ。

 

来週の公休に向けてちょっと修正が必要なようです。