アンデリック

ちょっと ものぐさな ねずみの はなし

【モノリセット365】DAY1 初日 記録

f:id:anderick:20200527072643j:plain

もちろん真っ裸でスタートの図

こんにちは、ものぐさねずみのアンデリックです。

 

スタートします。

初期装備以外解除。真っ裸になりました。

着ていた服を洗濯かごに入れ、真っ裸でいそいそと倉庫に向かいました。

 

 映画「365日のシンプルライフ」の象徴的シーン「何も持たない真っ裸」の再現です。

実際は、私は初期装備があるので完全にゼロではありませんが、何となくこのシーンは私の中で好きなシーンなので夫の居ない隙にこっそり再現&体験しました。

映画のペトリさんは真っ裸で冬のフィンランドの街の中を走り抜けるのですが、私は家の中のクローゼットまで。

我が家のウォークインクローゼットは入口が廊下と夫の部屋からと2か所あるのですが、私の荷物をぶち込んだので廊下側が塞がっていますので、真っ裸で夫の部屋を駆け抜けました。

夫が留守で良かった良かった。

 

余談ですが、私はこの「モノリセット365」を1回失敗してます。前回は2月の冬真っただ中に開始したので暖房を入れていても寒くて寒くて我慢できず、すぐに最初に取り出した物布団と毛布の間に挟まりました。0時過ぎたらあったかインナーなど防寒衣類を取り出そうと思っていましたが、全裸&毛布は思いのほか心地よく朝までぐっすり眠ってしまいました。

 

今回は4月の末に開始しています。

東北とは言えここのところ暖かい&夕方(我が家で一番室内の気温が上がる)ので

はっきり言って全裸余裕です。

 

最初に取り出す4個は衣類と決めていたので持ってきましたが、案外余裕なので全裸で過ごしていました。

とりあえず取り出した物を並べて記録を撮影して

f:id:anderick:20200527072832j:plain

最初の4個。ネズミはダミー

1.Tシャツ長袖

2.靴下

3.ワイドパンツ

4.下着(下)※おパンツを写すのはアレかと思い代役でネズミ置いてます。

 

全裸で食事の用意をキッチンで始めました。

ペトリさんのように、何もせず考えに耽ったりしたかったのですが、10分くらいで暇に感じてしまいました。

普段からスマホKindleで隙あらば何かをする事に慣れ過ぎていて、じっくり物事を考えるという能力が低下しているなぁと感じました。

それが最初に気づきです。

全裸で料理というのがシュールに感じ、いつもより夕食作りが楽しかったです。

これからも時々意味もなく真っ裸になってみようかななんて思うほど全裸楽しいです。

 

食事の支度の途中で足のペタペタが気になって靴下履きました。

「全フローリングの我が家では靴下かスリッパは外せないな。ふむふむ。」

なんて思いながら野菜を炒めていましたら、ばっちり油が飛んできてお腹に当たったので、今回は対象外にしていたキッチンのエプロンをつけてみました。

裸エプロン」などといわれる古代からの技法ですが全然エロくないです。

実際はアホみたいです。

ただ、エプロンがいかに我が身を守ってくれているかを思うとなんとなくすごいなぁなんて思っていました。

ほとんど終わって使ったモノを洗っているあたりで急にブルっと寒くなってきたので、しぶしぶ服を着る事にしました。

 

着たところ「安心する!」とはっきりと感じました。

全裸の解放感も遊び的に楽しいですが、服を着ると安心しました。

特にパンツを履いた時の安心感。

体毛を排除してきた人間にとって衣類は守られている安心感と直結するのだなぁと私は思いました。

衣類は優しいです。

衣食住なんて言いますが、「衣」はおしゃれさなど華美な要素が加わって必須度と無駄度が両方共存するジャンルですが、単に衣類ととらえると身を守ってくれる本当に必要な人間の防具だなぁとしみじみ考えていました。

それでも私はおしゃれが好きですので衣類の持つ無駄なポテンシャルも私にとっては大切です。

なんて衣類について考えつつ意外と普通にすごせました。